家庭用脱毛器について

種類と特徴

できるかぎりキレイに脱毛したい、でもサロンやクリニックに通うのは費用がかかる...。
そんな声に応えるのが家庭用脱毛器の存在です。

センスエピやトリア、ケノン、ノーノーヘアと言ったところが有名どころでしょう。
これらの家庭用脱毛器具には、それぞれの特徴があります。
まず、脱毛方法から確認してみましょう。

脱毛方法には、光やレーザーなどが一般的と言えます。
これに該当するのは、上記の中ではセンスエピ、トリア、ケノンです。
いずれも、光のエネルギーを熱に換え、毛根を破壊することで根本から脱毛していくものです。

一方でノーノーヘアは、「脱毛器」として販売されていますが、その方法はサーミコン式と言い、熱で毛を切る方式です。
したがって、正確には脱毛ではなく「除毛」と言った方が良いかもしれませんね。
ノーノーヘアはソニープラザのような雑貨屋などでも販売しており価格も比較的安価なため、手始めに購入するには手に取りやすいかと思いますが、「脱毛」を目的とするのであれば、これは範囲外と言えそうです。
ムダ毛処理を楽にすることが目的であれば、重宝するでしょう。

気になる「脱毛器」たちの価格ですが、ケノンは79,000円、センスエピは39,800円、トリアは59,850円となっています。(キャンペーンなどで若干の差はあり)

センスエピが最も安価になってはいますが、カートリッジの照射可能回数がケノンが最大約50,000発、センスエピが750発、トリアが約90,000発となっており、トリアが断然多くなっています。
しかしトリアは照射範囲が狭いレーザー方式のため、ケノンやセンスエピに比べると一回の処理範囲が極端に狭くなり、時間がかかります。
それぞれ一長一短ですが、総合するとケノンが現在最も優秀な脱毛器のようです。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket