用語集

埋没毛

埋没毛とは、脱毛・剃毛・除毛などの処理を行った後、何らかの原因で皮膚の下で埋もれたまま発毛・成長してしまった毛のことで、埋もれ毛・埋まり毛とも呼ばれます。
主に毛抜きやカミソリを使った除毛をした時に、毛が途中で切れてしまったり、剃ったことで鋭利になった毛先がそのまま皮ふの下をつき進んでいき、成長することで埋没毛になってしまいます。

カミソリの場合は、カミソリの刃で誤って皮ふを傷つけてしまうと、かさぶたの下で出られなくなった毛が成長して埋没毛になることもあります。
通常であれば、埋もれてしまった毛も、新陳代謝の働きで自然と体内で分解されるようになっているのですが、場合によって、皮ふの下で成長した毛が、毛穴を通らず皮ふを突き破って出てきてしまうこともあり、そうなると炎症をおこしてしまう恐れがあります。

炎症の程度によっては色素沈着をおこしてしまいます。
さらに炎症がひどくなると、毛嚢炎になってしまうケースもあります。
1本がとても太いVゾーンの毛やヒゲを、自己処理することで起こりやすいとされています。

埋没毛が出来てしまった場合は、皮膚科で埋没毛の部位を取りのぞくのが最良の方法とされています。
しかし、埋没毛ができるたびに皮膚科に行っていたのでは医療費も大変なことになってしまうため、自身で処置を行うこともあります。
消毒した患部を消毒した針をつかって小さく切開し、その穴から毛を取り出したり、皮ふのごく浅い表面に近いところにできた場合には、タオルやあかすりなどで皮ふをこすり、毛を出すことも可能です。

しかし、いずれにしても皮ふを傷つけることになってしまうので、お勧めできるものではありません。
もし自身でこういった処置を行ったのであれば、必ず患部を再度消毒し、薬を付けておく必要があります。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket