用語集

毛嚢炎

毛嚢炎とは、多くは埋没毛が原因で起こるとされる細菌感染症のことです。
別名毛包炎ともいいます。
毛穴や皮ふの中で成長してしまった毛が最近に感染し、化膿して炎症をおこします。
特にヒゲやワキ、Vラインなどの太い毛に発生しやすいと言われています。
軽症の場合は、放っておいても数日で自然に治ります。

しかし原因が細菌の感染のため、重症にならないとも限りません。
黄色ブドウ球菌が原因であることが多いのですが、重症の場合は、皮ふが赤くはれたり、痛みを感じたりします。
皮ふ科医に相談し、必要に応じて皮ふの切開を行ったり、抗生物質の内服を行うことが必要となるケースもあります。
ちょっとした炎症だと思って甘く見ていると、突如悪化してしまうこともあるので、埋没毛を見つけた時点で注意しておきましょう。

観察している間、埋没毛が自然になくなってしまえば問題ありませんが、毛嚢炎かもしれないような状況になったら、軽症ならすぐに治る、と思っていないで早めの処置をしましょう。
また、そもそも埋没毛を作らないようにすることで、予防も可能です。
自己処理をやめ、サロンやクリニックで脱毛して貰いましょう。

しかし、自己処理をやめたからといって、必ずしも毛嚢炎にならないかというと、そうでもありません。
脱毛器で脱毛しきれずに残った毛根が成長し、細菌に感染することもあり得ます。
ただし、毛抜きやカミソリのように、埋没毛を作ってしまうリスクがあるわけではないので、予防という意味では、サロンやクリニックで専門家に施術してもらうのが、一番の近道と言えましょう。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket