用語集

メラニン

メラニンとは、人体で作られる色素のことをいいます。
皮膚に形成されるものと、体毛に含まれているものとがあります。
皮膚に形成されるメラニン色素には、日焼けやしみ・そばかす・ホクロなどがあります。
紫外線などの影響により皮膚にメラニン色素が沈着し、黒ずんで見えます。
メラニン色素が沈着しても、通常は皮膚の新陳代謝の働きによって、自然と吸収されるものです。

日焼けをしても、冬には元の肌色に戻るのは、そういった理由なのです。
しかし、生活環境や加齢などの影響により皮膚に残ってしまうものもあります。
それが、しみやそばかすとなります。

体毛に含まれているメラニン色素は、毛穴にあるメラノサイトという色素細胞から作られます。
光脱毛やレーザー脱毛は、このメラニン色素に反応させて、毛根を破壊し脱毛効果を得ます。
皮膚がもともと黒い人がレーザーや光脱毛機を使用できないのは、毛のメラニン色素だけではなく、皮膚のメラニン色素にも反応してしまい、火傷を負ってしまう可能性があるからです。
脱毛期間中に日焼けが厳禁なのも、同じ理由からです。

また、ワキやビキニゾーンの黒ずみなどもメラニン色素が関係しているため、脱毛機器を利用することによって、まれに解消されることがあります。
人や動物は、メラニンを合成することで紫外線などを極力害を減らして吸収します。
しかし、遺伝的にメラニンが全く合成されないということもあります。
こう言った状態の個体をアルビノといい、紫外線によって皮膚がんになりやすいと言われています。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket