用語集

勧誘

脱毛に限らず、エステ業界関では、勧誘の問題が大きく取り上げられています。
サロン同士の価格競争や顧客争いによって、この問題が浮き彫りになってきました。
これまでの業界の営業手法として、体験プランを格安で提供して新規顧客を囲い込み、その後高額のコースを提案(勧誘)して売上を伸ばしていく、というものが一般的でした。
体験脱毛のつもりが契約書にサインをかかされた、脱毛だけのつもりが別のコースも一緒に契約されられた、高価なケア用品を買わされた・・・などのように様々です。

先払いで金額を支払っており、脱毛期間の途中なので断ることができないということも良くききます。
国民生活センターへの苦情は減少傾向にはあるものの、実際には泣き寝入りしている場合もあるでしょう。
最近の状況としては、「無理な勧誘は一切行いません」と明記したサロンが増えつつあります。
あくまで「無理な」勧誘はしないのであって、営業成績を伸ばすために、ある程度の他プランの紹介はあると思った方が無難でしょう。

ですから、完全に安心しきって通うことは危険です。
断る勇気も必要なのです。
しかし、もし希望外のコースを契約してしまったら。
不要なローションやジェルを買ってしまったら。
エステサロンの脱毛に関しては、クーリングオフの対象になります。
詳細はクーリングオフの項目をご参照ください。
しつこい勧誘には見きわめる目と、不要なものは不要と言う強い意志が必要です。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket