用語集

不当表示防止法

不当表示防止法とは、正式には「不当景品類及び不当表示防止法」と言われ、事業者が利益の拡大のために商品やサービスを不当に表示してはいけないという法律です。
消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ることを目的としてつくられました。
「景品表示法」や「景表法」とも言われます。

具体的な内容としては
(1)自社の商品やサービスが実際のものより著しく優良である、または他社製品・サービスに比べて優良であると表示してはならない。
(2)商品やサービス、その取引方法において実際のものや他社の製品よりも有利であると表示、また不当に勧誘してはならない。
(3)商品やサービス、その取引方法において消費者に誤認される表示方法であり、不当な勧誘を行ってはならない。
と定められています。

金額設定が不明瞭であったり、支払い方法・効果に対する誇大広告、キャッチコピーなどは消費者にとって利益が得られないとみなされ、違反になります。

また、誤認しやすい表記も、この法律に違反していることになります。
たとえば、光脱毛の施術に関して「痛みが無い」は誇大広告となります。
痛みの感じ方は人それぞれで、どれだけ弱い出力にしても、中には痛みを感じる人もいます。
「痛みが少ない」であれば、基本的に問題はありません。
少ない=全くないではないので、個人差の許容範囲になると言う訳です。

「日本語って難しい!」と思われると思いますが、表示されていることをしっかりと読むことで、トラブル回避にもつながります。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket