脱毛の種類

ニードル脱毛

もともと、永久脱毛と言えば電気脱毛でした。
別名、針脱毛・ニードル脱毛とも言い、毛穴に細い針を刺して電流を流し、毛根を焼き切るものです。

一本一本の毛の根元に針を刺して行かなければならないため、ワキを片方行うだけでも非常に長い時間がかかります。
また、針を当て、通電する際に痛みを感じることが多いのもデメリットのひとつでしょう。

電気脱毛は針で直接毛根に熱を与える為、施術が終わった後はしっかりと冷却し、腫れや赤みをひかせる必要があります。
痛みを軽減するため、施術前に冷やす場合もあります。

施術を行う人には熟練した技術が求められるため、行っているサロンはそれほど多くありません。
技術が未熟な人が行うと、針を刺した際に毛根以外にもダメージを与えてしまい、脱毛の効果が薄れるばかりか、重度の火傷を負わせてしまうこともあり得ます。

ニードル脱毛を手掛けられる人が少ないため、施術を受けるためには高額な費用がかかってきます。
こう聞くと、ニードル脱毛はデメリットしかないように感じる方もいるかもしれません。

しかし、ニードル脱毛は、あらゆる脱毛方法の中で最も効果が高いと言われているものなのです。
その理由は、針を使って直接毛根を破壊するため、処理残しがなく、確実に脱毛することができるからです。

光脱毛やレーザー脱毛は、あくまで色素に反応して処理を行うものなので、現在生えている毛でも、退行期や休止期にある毛のようにメラニンが減っている毛には効果を発揮しません。
ニードル脱毛は、毛が生えている毛穴であれば、確実に毛根を破壊することができるため、時間はかかりますが、その分1回の施術でも確実に毛量を減らすことができるのです。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket