基礎知識

仕組み

永久脱毛は、毛周期に合わせて毛根を破壊することを繰り返すことで、徐々に生えてくる毛を少なくしていくものです。
回数を重ねることで、生きた毛穴をなくすことも不可能ではありません。

サロンやクリニックで利用されている光やレーザーは、波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用する性質をもっています。
その性質を利用し、黒や茶色などの濃い色だけを感知し、その部分にのみ集中的に熱を加えて組織を破壊し、永久に脱毛されるのです。

1回目の脱毛を終えると、たいてい1週間程度で生えていた毛が自然と抜け落ちます。
この時抜けるのは脱毛前に肌表面に見えいていたものうち、「成長期」の毛のみです。
眠っていてまだ生えてきていない毛、これから生まれる毛も含めると、肌表面に見えている毛は全体の20~30%と言われています。

非常に分かりにくいですが、ムダ毛も生えかわります。
生えかわりのサイクルを毛周期と言い、「成長期」「退行期」「休止期」を約2カ月ごとに繰り返します。
成長期の毛は活発でメラニンを多く含むため、光を照射すると反応し、毛髪組織が処理されます。
成長が止まる時期を「退行期」といい、抜け落ちるまでの期間を「休止期」と言いますが、この頃にはメラニンの量が減り、光に対する反応が鈍くなるためあまり効果はありません。

一度成長期の毛を全て処理すると、次は退行期や休止期の毛が成長期に入ってきます。
この期間が約2カ月、2回目に来店するタイミングです。
このサイクルに合わせた施術をタイミングの逃さず行っていけば、3回程度で量が減ってきていることを実感できるでしょう。

5回目程度になってくると、太い毛はほとんどなくなり、生えてくる毛も細く薄くなっていきます。
自己処理もほとんど不要になってくるので、お肌もキレイになってきているはずです。
平均的には6回程度で目で見える毛はなくなり、快適に過ごせるようになります。

個人の肌の状態や毛量、希望の仕上がり状態にもよりますが、2か月単位で6回、期間にすると、1か所につき約1年で、ほぼ満足のいく効果を得ることができます。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket