基礎知識

時間がかかる訳

他の項目でも記載しましたが、眠っていてまだ生えてきていない毛、これから生まれる毛も含めると、肌表面に見えている毛は全体の20~30%と言われています。
光やレーザーを利用した脱毛方法では、生えていて目に見えるのうち、成長期にある毛のみしか処理できないため、1度の施術で処理できるのは、20~30%のうちの、さらに一部でしかないのです。

残った毛が成長期に入る時期を見計らって次の施術を行いますが、その間は約2か月の期間が必要になってきます。
毛が減ってきたことを実感できるのは、当初の全体量からみて50%程度は切ってからになるでしょう。
全体量の50%程度が無くなれば、肌表面に見ていている毛も半分程度まで減ります。

毛量が半分程度に減る頃には、太い毛がだいぶ減っており、見えている毛も細く薄くなってくるため、効果を実感できるようになります。
そこまでもっていっくためには、3~4回の施術が必要になります。
2か月に1回必ず施術するとしても、期間にして約半年から8カ月ほどはかかる計算になりますね。

最終的に自己処理を不要にするまでには、最低でも1年は覚悟しておく必要があることがお分かりになると思います。
始めて脱毛を考える方の中には、1回施術しただけで効果が見えると思っている方も多くいるかと思います。
しかし、実際に脱毛の効果を見る為には数か月必要になってくるのです。

夏直前に脱毛を始めても、その年の夏は全く効果は表れないので、夏に素肌を出したいということであれば、脱毛を始める時期も考えなければなりません。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket