基礎知識

施術期間中に気をつけること

脱毛をするには、数か月から数年の月日が必要になります。
その間に気を付けなければならない点がいくつかありますので、ご紹介します。

まず、脱毛に通い始めても、施術前の自己処理は必須だということを覚えておきましょう。
サロンに行く前には、必ず2,3日前にカミソリなどで自己処理をしておく必要があります。

施術は毛根部分のメラニンに反応させて行いますが、毛そのものにもメラニンは含まれており、長いままで施術を受けると、毛がかかっている部分にも光が反応してしまい、全体的に火傷を負ってしまう危険性があります。
それを防ぐために、必ず自己処理をして、長くても2mm程度にはしておくべきです。
そうしておかないと、施術を受けられない場合があります。
最近では、当日に施術者によってシェービングしてくれるところも少ないので、数日前の自己処理は必須です。

また、施術を受ける部分は日焼けしないようにしましょう。
日焼け止めをぬったり、つばが広い帽子をかぶったり、暑くても長袖長ズボンを着たりと、とにかく皮膚を守るよう心がけてください。
日焼けした肌は、それだけで軽い火傷の状態です。
さらに、日焼けした肌にはメラニンが増えている状態なので、毛根だけでなくお肌が焼けてしまう可能性もあるのです。

脱毛を決めたら、日々日焼けしないための注意と、2,3日前までの自己処理、この2点だけは、安全にかつ計画通りに脱毛するために、準備してほしいところです。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket