QandA

不可の部位ってある?

脱毛専用のサロンですら脱毛できない部位が、実は存在します。
もし自分が脱毛したい部位が、脱毛できない部位に入っていたとしたら、残念ながら諦めるしかありません。
しかし、それは自身を守るためでもあるのです。

具体的には、粘膜部分や色素が極端に濃い部分、鼻骨や目の周辺などが該当します。
ここ最近人気を博しており、広告で大々的に宣伝しているサロンも多いデリケートゾーンの脱毛ですが、多くのサロンでは粘膜部分の脱毛は不可となっています。
理由としては、粘膜は他の皮ふに比べ極端に薄く、ダメージを受けやすいため、トラブルの原因になってしまうことが挙げられます。

例えば鼻毛のような粘膜部分の毛を抜くと、涙が出るほど痛いですよね。
それは粘膜が、薄くて刺激に弱いからなのです。
弱い部分に光やレーザーを当ててしまうと、重度の火傷を負ったり、悪化すると火傷が膿んでしまうことすらあります。
だから、粘膜部分の脱毛は、ほぼ全てのサロン・クリニックで不可なのです。

ほかにも、個人差があるため部位の特定はできませんが、乳輪やほくろから生えいている毛、色素沈着が激しい部位の脱毛は、断られてしまう可能性が高いと言えます。
これは、機械が濃い色に反応する性質であるため、色素が濃い部位に照射をすると、毛だろうと肌だろうとお構いなしに熱処理してしまうからなのです。

また、目の周りが不可能なのは、レーザー光が目に入ると失明してしまう可能性があるからです。
顔を脱毛する際は、目の周辺をアイマスクで覆うサロンがほとんどです。
それどころか、顔の脱毛を扱っていないサロンもあります。
希望するサロンが希望する部位を扱っているかどうか、事前に確認する必要がありますね。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket