脱毛したい場所別向き不向き

顔は、目立つムダ毛がないため、光やレーザーに反応しにくい部位です。
だからといって毛穴が細かすぎて、ニードル脱毛は決してできません。
顔の脱毛を行うには、自身でシェーバーやカミソリで剃るか、サロンやクリニックで光脱毛などの施術してもらう必要があります。

確かに顔は光やレーザーに反応しにくい部位ですが、顔の産毛は他の部位には無い程毛の密度が高いのです。
だから、最初のうちは分かりづらくても、回を重ねるにつれてお肌がむき卵のようになっていきます。
もちろん、他の部位よりも、多く通わなければならない場合もあります。

だからと言って強い光を顔に当ててしまうと、とりかえしのつかない火傷を負ってしまう可能性があります。
また、なかなか毛だけに反応させるのは難しいため、日焼けにはとくに注意しましょう。
日焼けによってメラニンが生成されると、毛ではなく肌そのものに反応してしまい、負ってしまうやけどもより重度になってしまいます。

キレイになるために脱毛をするのに、火傷の跡が残りでもしようものなら本末転倒です。
サロンやクリニックに通って脱毛するのであれば、レーザーよりも光脱毛の方が安全かもしれませんね。

顔の脱毛は、だいたいにおいて頬・あご・鼻下に分かれます。
鼻自体や目の周りは、サロンやクリニックではほぼ脱毛できないといっても過言ではないでしょう。
顔はそれだけデリケートな部分なのです。
他の部位でも同じですが、少しでもおかしいと思ったら、まずはサロンに報告し、また、皮膚科に相談するようにしましょう。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket