脱毛方法の選び方

安全性で選ぶなら?

脱毛を初めてする人が最も心配なのは肌トラブルや痛みだと思います。
脱毛の口コミを見ると「痛かった」「肌荒れを起こした」といった書き込みもあるので、気になるのは当然のことです。
では、最も肌に優しくムダ毛を処理できる方法とはなんなのでしょうか?

まず、最初に知っておいて欲しいのがエステサロンやクリニックに行こうが、家庭用脱毛器を使おうが、
大なり小なり肌に負担をかけてしまうということです。
全く肌に負担をかけない脱毛方法はないので、どの手段を選んでも危険性はゼロではありません。
肌に優しいと評判のエステサロンやクリニック、家庭用脱毛器を利用しても肌トラブルを起こすことはあります。
さらに痛みの感じ方は人それぞれ異なるので、他の人が痛くなくても自分は痛い場合もあるでしょう。
こうしたことを理解した上で、脱毛を行ってください。

どの手段も100%安全というわけではないですが、肌への負担が最も少ないのはエステサロンです。
最近のエステサロンは光脱毛と呼ばれる脱毛方法を採用しています。
光脱毛とはムダ毛にのみ反応する光を照射して、毛の成長を阻害する脱毛方法です。
クリニックが行っているレーザー脱毛やニードル脱毛と比較すると肌への負担が格段に少なく、
肌荒れを起こす心配がありません。
痛みもほとんどないので、痛みに敏感な人でもストレスなく通えます。

一方、クリニックのレーザー脱毛やニードル脱毛の場合、脱毛効果は高いですが、
肌への負担が大きく、肌トラブルを起こす可能性があります。
特に毛穴に細い針を差し込み、電気を流すニードル脱毛は肌に大きなダメージを与えますし、痛みも強いです。
肌が弱い人は特別な理由がない限り、エステサロンに通われた方がいいでしょう。

エステサロンの光脱毛は家庭用脱毛器でも行うことができます。
さすがにエステサロンの脱毛マシンよりは性能が劣りますが、
クリニックのレーザー脱毛やニードル脱毛を受けるよりは肌への負担が少なく、痛みも小さいです。
ただ、使用方法を間違えると肌トラブルを起こしたり、強い痛みを伴うので注意しましょう。

クリニックの医療脱毛は効果が強い反面、肌への負担が大きくなりますが、だからといって危険というわけではありません。
病院で施術を受けるので、なにかあってもすぐに医師が対応してくれます。
家庭用脱毛器だと肌トラブルが起きても自分で対応するしかないですし、
エステサロンも医師がないので、なにかあった場合は医療機関に行く必要があります。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket