脱毛比較

方法

これまでのまとめとして、脱毛器・サロン・クリニックの相違点を比較してみます。
まずは方法から。

家庭用脱毛器は主に光(フラッシュ=IPL)脱毛です。
一部にはダイオードレーザーもありました。
サロンもメインは光(フラッシュ・プラズマ)脱毛ですが、一部でニードル脱毛も採用しています。
クリニックは基本的にはレーザー(医療用・アレキサンドライトなど)脱毛ですが、やはり一部でニードル脱毛を受けることが可能です。

光脱毛の特徴として、一度に照射できる範囲が広いため、1回の施術が短時間で済むと言うメリットがあります。
レーザーはピンポイントでの照射なので、光脱毛に比べると1回の施術時間は長くなります。
ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつの施術になるため、レーザー以上に時間がかかります。

家庭用脱毛器とサロンの脱毛方法は光脱毛なので同じですが、当然のことながらエステティシャンの方が機械の扱いに慣れているため、1回の施術にかかる時間は
サロン<家庭用脱毛器<クリニック
となるでしょう。

ただし通うための時間や予約の可否を考えると、サロンと家庭用脱毛器の順は逆転するかもしれませんね。
ニードル脱毛を希望する場合には、サロンであってもクリニックであっても1回につき数時間は覚悟しなければなりません。
手軽に行いたいのであれば、やはり家庭用脱毛器が一番理にかなっていると言えるでしょう。
痛みに対しても、自分で痛くない照射レベルを選択できるので、家庭用脱毛器が良いと思われます。

 

脱毛エステサロン
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket